ホットヨガと普通のヨガの違い

ホットヨガと普通のヨガの違い

ホットヨガと普通のヨガの違い

こちらでは、ホットヨガと普通のヨガの違いをご紹介します。そもそも、ホットヨガと普通のヨガは何がどう違うの?思う方もいらっしゃるかもしれません。
基本的には、ホットヨガも普通のヨガもポーズ自体は大体同じです。単純に室内がホットなのかホットではないのかということになります。

 

ホットヨガは、室温38℃から40度、湿度55%から60%ほどの環境でおこないます。
ですが、サウナのように息苦しい環境ではなく、暖かくちょうどリラックスできる温度です。

 

とはいっても、夏場は熱く感じるかもしれませんが、冬場は温かくて、ちょうどよいと感じるかもしれません。

 

温かい環境でおこなうメリットとしては…

  • 怪我の防止(筋肉がほぐれやすくなるため)
  • デトックス効果(大量の汗をかくため)

などが代表的に上げられます。

 

ホットヨガと普通のヨガは、どちらも様々な効果が期待できるので、どちらの方が優れているというのではなく、好みの問題にはなってくるとは思います。

 

ホットヨガも普通のヨガも両方やったことのある、私の個人的な意見としては、ホットヨガの方がお勧めです。

 

とにかく大量の汗をかきますし、すぐに効果が表れて、ダイエットのやる気やモチベーションアップにつながります。
しかも、大量の汗をかいて爽快感を感じることもできますので、本当に病みつきになります。
しかも、デトックス効果もあるので内側から綺麗になることもできます!

 

まずは一度、試しにホットヨガに行ってみるのをお勧めします!

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホットヨガのLAVA人気の理由 体験レッスンの流れ ダイエット効果 ホットヨガへ行くときの持ち物